お問い合わせ・ご予約はこちら

0120-67-4193

お問い合わせフォーム

JR東船橋駅 南口前
定休日
日曜・月曜・祝日
病名別漢方治療
  • ニキビ

ニキビ

ニキビは、皮膚科学では「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」、漢方では「粉刺(ふんし)」と称します。毛嚢と皮脂腺の慢性炎症による皮膚疾患の一つです。

皮脂過多や毛孔の角化などにより皮脂の分泌がスムーズに行われないと炎症を起こし、顔面をはじめ胸部、背部、肩部などに多く発症します。
ニキビは毛嚢に一致して生じ、発展過程において面皰、丘疹、膿皰、結節、瘢痕、痘痕などがみられます。そのため、臨床では往々にして数種の段階のニキビが同時に存在します。

ニキビの皮膚科学上の分類

面皰(めんぽう)毛穴に皮脂が詰まって粟粒大で円錐型の硬い皮疹。
粉刺の初期段階でみられます。
表面が開き黒く見えるものを黒色面皰(黒ニキビ)或いは開放性粉刺、表面が塞がっていて白く見えるものを白色面皰(白ニキビ)或いは封閉性粉刺と称し区別しています。
丘疹面皰の中にさらに皮脂がたまることにより、脂腺がこわれて面皰に炎症が起こり、赤く腫れて皮膚から盛り上がったもの。
膿皰丘疹に細菌感染が加わり、毛孔に膿がたまったもの。
結節毛孔周辺に炎症が広がり、堅くしこり、盛り上がったもの。
瘢痕膿が排出し、色素沈着で、シミのように黒くなったもの。
痘痕瘢痕が消えずに、皮膚が凸凹になったもの。
皮膚科学におけるニキビの発生機序

漢方におけるニキビの発生原因

  1. 外的な刺激→風邪・寒邪・湿邪・熱邪など。
  2. 飲食の不摂生…暴飲暴食、食べ過ぎ。油っこい物、甘い物、味の濃い物、辛い物、なまもの、冷たい物などの摂りすぎ、飲酒過多など。
  3. イライラ、不安などのストレスによる精神刺激。
  4. 肉体疲労・精神疲労・房事過多などによる正気(気・血・津液・精)の虚損。
  5. 上記に伴う二次的な病理的産物(痰飲・瘀血など)。

漢方的にみたニキビの発生の仕組み

漢方では「脾主肌肉(脾は肌肉を主る)」といい、臓腑の中では脾胃(消化機能)を中心に考えます。そこに皮脂の分泌を調節する肝の疏泄(自律神経)、腎の虚火(ホルモンの失調)などを考慮します。皮膚疾患といえども、長期にわたるものは、正気の虚(気・血・津液・精)を考慮することが重要です。

1.思春期のニキビ

思春期には身体の成長のため、正気(気・血・津液・精)の生成を活発に行う必要があります。その為、脾胃(消化機能)がオーバーワークになり、胃熱や脾胃湿熱を発生しやすくなります。また、女子は月経開始により血熱も起こりやすいです。胃熱や脾胃湿熱などによるニキビは、大きくて赤く熱感を伴うことが多いです。

2.成人のニキビ

(1)飲食の不摂生

飲食の不摂生により、脾胃に寒・熱・湿などが停滞したり、脾の(陽)気を損傷したりすることで、ニキビが発生します。脾胃湿熱から肝胆湿熱を伴うこともあります。

(2)ストレスによる精神刺激

ストレスにより、肝の疏泄(ここでは自律神経と考えると良いでしょう。)が失調し、肝脾不和(自律神経の失調が消化能力に影響する)から脾の運化失調を生じたり、肝鬱化火(ここでは自律神経の過亢進による興奮)が横逆し、胃熱や脾胃湿熱を発生します。「脾主肌肉(脾は肌肉を主る)」ことから、ニキビを引き起こします。このタイプのニキビは、イライラすると悪くなったり、女性では、月経前に悪化したりします。月経不順の方も多いです。

(3)過労など

肉体疲労・精神疲労・房事過多などにより正気(気・血・津液・精)を損傷し、気血両虚や腎虚などを生じ、結果としてニキビなどの皮膚疾患を起こします。
赤味の強い、勢いのあるニキビはあまり見られず、過労や睡眠不足で、悪化します。

(4)瘀血(おけつ)の形成

ニキビが長期化すると、気滞・寒凝・血熱・痰飲・気虚・気血両虚などの他の病因から血の流れが悪くなり、漢方でいう「瘀血」が形成されることがあります。暗褐色や青紫色などのニキビが見られ、部位があまり移動せず、月経前に悪化しやすいです。

ニキビの漢方治療のポイント

  1. 基本的に主訴である患部症状(部位、色、形状、悪化条件、好転条件など) を主として治療方針を組み立てます。
  2. 専用の洗顔料で、よく洗顔して、肌を清潔に保ちましょう。外用剤よりもむしろ洗顔が大切なことが多いです。
  3. 摩擦は、炎症、痒みを増長するので、泡で包むように洗いましょう。
  4. 指で潰したりすると、瘢痕、痘痕などのニキビ跡になりやすいので注意!
  5. イライラなどの精神的ストレスや便秘は、重要増悪因子です。漢方薬などで解消しましょう。
  6. 栄養バランスのとれた食事が大切です。最近では間違った食事療法により悪化しているケースも多く見られます。
  7. 月経周期に影響されやすい場合は、それに合わせて漢方薬を服み分けると良いこともあります。(詳しくは、お気軽にご相談下さい。)

ニキビは青春のシンボルというのも遠い昔の話のようで、当薬局では、十代の方だけでなく、むしろ二十代、三十代、四十代の成人ニキビのご相談の方が多くみられます。前述のように漢方においてニキビの発生原因は様々であり、その原因に対応する治療方法を選択しなければなりません。そのため、外用薬やスキンケアだけでは根治に至ることは難しいです。貴方の症状、体質にあった漢方薬できれいな肌を取り戻しましょう。

不妊の漢方治療

月経・基礎体温 月経・妊娠と五臓の関係 身体を構成している五臓(肝、心、脾、肺、腎)のうち、月経や妊娠・出産に関係が深いのは、腎・肝・脾です。 1.月経・妊娠と腎の関係 2.月経・妊娠と肝の関係 この血(けつ)によって、子宮内膜が作られますし、また、排卵に向けて卵子が成長するためにも、妊娠したら赤ちゃんが成長するためにも、血(けつ)は欠かせません。肝に充分な血(けつ)を蓄えていることが必要です。 *瘀血 気や血(けつ)は、滞りなく全身をめぐっていることが大切です。血流が悪いために起こる症状を、漢 […]

更年期障害の漢方治療

更年期障害、漢方では経断前後諸症などと称し、加齢に伴って腎精が減少し、その結果、肝、心、脾などが影響を受けて発生する陰陽失調とされています。腎精は五臓六腑を機能させる原動力であり、腎精の不足による臓腑の衰えにより、気、血、津液、精の生成も減少し、身体の恒常のために消費されると衝任に蓄えるほど余裕がなくなるため、閉経に至るとされています。また、気、血、津液、精の不足は更に五臓六腑の機能を失調させ、各臓腑間の関係も変調をきたします。しかしながら、加齢による腎精の減少は必然的に生じるが、全ての人が本症 […]

腰痛

腰痛は、腰部の疼痛を主症状とする一連の病証を指します。腰部の片側或いは両側に疼痛を生じ、或いは痛みが背脊腿胯に及んだり、腰部の屈伸転側不利などの症状がみられます。腰は、「腎之府」といわれ、腰痛は五臓六腑の中で腎と関係が深いです。 腰痛の漢方的な発生原因 腰痛の漢方的な発生の仕組み 腰は腎の府であり、足少陰腎経が「脊を貫き腎に属している。」ので、腰痛は腎と密接な関係があります。また、腎と膀胱は表裏をなし、足太陽膀胱経は腰を通過しています。さらに、任脉・督脉・衝脈・帯脈もその間に分布しています。その […]

月経不順 (生理不順)

月経とは月経とは、一定の規律をもった周期的な胞宮(子宮)からの出血のことをいいます。 胞宮とは胞宮は、子宮のことで、他に子臓、子処とも称します。月経と妊娠を直接行う器官です。 正常な月経とは月経周期が26~35日で持続日数は3~7日くらいとされています。 漢方における月経・妊娠の生理機構 月経と五臓の関係:月経の機構には、特に肝・腎・脾の働きが関与しています。 1.月経に対する肝の働き 「肝は疏泄を主る」といい、疏泄作用により血をのびのびと流し、衝脈・任脈といった経絡や胞宮(子宮)にはたらきかけ […]