お問い合わせ・ご予約はこちら

0120-67-4193

お問い合わせフォーム

JR東船橋駅 南口前
定休日
日曜・月曜・祝日
元気堂の漢方薬通信

VOL.205 ストレスと漢方

新型コロナウィルス感染症の予防や対策のため、生活パターンや環境が急速に変化し、不安や憂鬱な気持ちで過ごされている方が少なくないと思います。
漢方では、怒(怒り)・喜(喜び)・憂(憂い)・思(思い)・悲(悲しみ)・恐(恐れ)・驚(驚き)という感情の変化を七情といいます。

七情は、もともと外界事物に対する自然な感情表現であり、通常は発病因子にはなりません。しかし、強烈な精神的ストレスを受けたり、長期的に精神的刺激を受け続けると、生理的に調節できる許容範囲を超えてしまい、臓腑の機能や気血の循環などが不調となり体調不良を起こします。

七情の影響で発病することを「内傷七情」といい、次の1~5のような病症がみられます。

1.怒(怒り)
漢方では、「怒は肝を傷る。怒れば則ち気上る。」といいます。イライラや怒りは、肝を損傷します。そのため肝の疏泄(西洋医学でいう自律神経のような機能です。)が失調し、肝気が上逆して「気上る」となります。症状としては、イライラして怒りっぽい、頭痛やめまい、顔面紅潮、目の充血、血圧の上昇などがみられます。肝気上逆が激しく、気の行血の機能が失調すると血随気逆となり、鼻血や喀血などの出血がみられることもあります。また、肝の疏泄失調が胃腸などの消化器の機能に影響し、胃の張った痛み、ゲップや膨満感、便秘や下痢、ガスが多いなどの症状(肝気犯脾、肝気犯胃といいます。)をひきおこすこともあります。

2.驚(驚き)、喜(喜び)
漢方では、「驚、喜は心を傷る。喜べば則ち気緩む。驚けば則ち気乱る。」といいます。まず、喜びですが、適度な喜びは精神の緊張を緩和し、気血を調和するため、健康に大変有益です。しかし、あまりに度を超えた喜びは、集中力を低下させたり、精神のバランスを崩したりすることもあります。また、過度の驚きは、心神(精神、意識)を乱し、不安感、動悸、不眠などを生じます。

3.思(思い)
漢方では、「思は脾を傷る。思えば則ち気結ぶ。」といいます。考えすぎや不安、心配、取り越し苦労などの思慮過度になると、脾失健運(消化器の機能低下)を生じます。「脾失健運」では、食欲不振や軟便、下痢、疲労倦怠感などがみられます。さらに、消化器の機能が低下しているため、人体に必要な気・血・津液・精などの生成が低下し、人体各部を滋養できなくなり、心・肝・腎などの臓腑をはじめ、様々な部分に不調を引き起こすこともあります。また、思慮過度は、心血を消耗するため、心神(精神、意識)が十分に栄養されず、顔色が悪い、不安感、動悸、不眠、健忘などがみられることがあります。

4.憂(憂い)・悲(悲しみ)
漢方では、「悲、憂は肺を傷る。悲しめば則ち気消す。憂えば則ち気鬱す。」といいます。過度の悲しみは肺の気を消耗し、憂鬱な気持ちは肺の気を鬱滞させます。そのため、咳嗽や息切れなどの呼吸機能の異常や、胸苦しいなどの胸部の感覚の異常、浮腫などの水液代謝の異常、気力や意欲の低下などが見られることがあります。

5.恐(恐れ)
漢方では、「恐は腎を傷る。恐るれば則ち気下る。」といいます。恐いことが度重なると、「腎」の機能が低下し、白髪や抜け毛が多くなったり、足腰が弱くなったり、尿失禁や性機能の減退などがみられます。

「内傷七情」は、東洋医学の人の心と体を一つのものと考える「心身一如」に基づき、感情と臓腑の不調を関連づけており、実際の治療では、さらに詳細に細分化され、それぞれの病症にあった漢方薬や養生法が控えています。

もちろん、他の疾患同様、個々の症状や体質をきちんと把握し、漢方的に判断して「証」を決定し、処方を選択することが重要になります。

VOL.58 アトピー性皮膚炎2

「アトピー性皮膚炎」は、当薬局でも御相談が多い疾患の一つです。漢方では、「浸淫瘡」「血風瘡」「四弯風」「旋耳瘡」「異位性皮膚炎」「遺伝過敏性皮炎」「変位性皮膚炎」等と称しますが、発生頻度は日本の方が高いようです。 「3歳の男の子。皮膚全体が淡紅色~淡褐色、掻くとジュクジュクする。汗をかくと痒みが増す、食が細く好き嫌いが多い。お菓子やジュース類が好き。やや軟便気味。病院では、抗アレルギーの飲み薬とステロイドの塗り薬を処方されているが、一進一退。」との事でした。 胃腸が弱く消化能力が十分でないためア […]

VOL.62 喘息 ~その2~

喘息のお子さんを持つお母さんの会でお話をさせていただいた時の事です。 講演後に、一人のお母さんから「うちの子は小青竜湯をずっと服用しているのですが、あまり効果がありません。漢方薬が効かない体質なのでしょうか?」とご質問を受けました。 症状をうかがうと、「疲れると発作が起きる、季節の変わり目や急に冷え込んだ時なども発作が起きやすい、発作時はゼーゼーして透明から白っぽい痰をだす。疲れやすく食が細い、カゼをひきやすい、汗かき。」といった様子。 漢方では、小青竜湯は、せいぜい発作期の『冷哮』タイプに使う […]

VOL.188 男性不妊の漢方治療

西洋医学において、妊娠はするものの流産などを繰り返し、赤ちゃんが得られないことを不育症といいます。一方、漢方では、女性に原因がある不妊を「不孕」、男性に原因がある不妊を「不育」と称します。「不育」は、性機能障害、精子の異常、精液の異常、精液運輸障害の4つに分類されます。器質的異常の場合、漢方治療が難しい場合もありますが、性機能障害や精子の異常などは、漢方が有効な場合が多いです。 「38才のAさん。精子の運動率が低く、奇形率が高い。寒がりで排尿回数が多く、小便に勢いがない。肩こり、腰痛があり下肢が […]

VOL.32 生理痛

生理痛は、漢方では、「経行腹痛」「痛経」等ともいい、月経期或いは月経前後に、下腹部に耐え難い痛みが生じる事をいいます。劇痛が甚だしければ、昏厥に至ることもあり、生理痛の重い女性にとっては、大きな悩みのタネです。また、比較的、漢方薬がよく使われている疾患の一つですが、思ったほど効果が上がっていないのが現状です。 その理由は、使われているのが、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)に代表される血液の流れを良くする活血剤ばかりだからです。活血剤は、血液の流れが滞っていることによって痛みを生じる『血オ証』に […]