お問い合わせ・ご予約はこちら

0120-67-4193

お問い合わせフォーム

JR東船橋駅 南口前
定休日
日曜・月曜・祝日
病名別漢方治療
  • 腰痛

腰痛

腰痛は、腰部の疼痛を主症状とする一連の病証を指します。腰部の片側或いは両側に疼痛を生じ、或いは痛みが背脊腿胯に及んだり、腰部の屈伸転側不利などの症状がみられます。腰は、「腎之府」といわれ、腰痛は五臓六腑の中で腎と関係が深いです。

腰痛の漢方的な発生原因

1.寒邪外襲

腎虚を生じると表裏関係にある太陽膀胱経の気も脆弱となり、外邪の侵犯が容易になります。太陽膀胱経は、目の内眥に起こり、額を上行し、項から腰背を下行し、腎に絡し、膀胱に属しています。傷寒などにより、寒邪が太陽に侵襲すると、その「凝滞」「収引」の性質から、経気不利となり、頭項強痛とともに、腰痛を発症します。


2.感受寒湿

寒冷湿地の居住、水に漬かる、雨に濡れる、汗をかいたままで風に当たる、濡れた衣服を着て行動するなどでは、寒湿の邪を感受しやすくなります。寒邪は「凝滞」「収引」の性質をもち、湿邪は「重濁」「粘滞」の性質をもっています。そのため足腰の経脈が阻滞され、気血の運行も不暢となると「不通則痛」から腰痛を発症します。


3.感受湿熱

暑さや湿気が盛んになる時期や寒湿が長期鬱積して化熱したりすると、湿熱を生じます。湿熱が停滞すると、足腰の経脈阻滞、気血運行不暢となり、「不通則痛」から腰痛を発症します。


4.鬱怒傷肝

憂鬱や怒りなどのストレスにより、肝の疏泄が失調すると、肝気鬱結を生じます。肝気鬱結が化火すると肝火上炎となり、陰血を損耗すると精血同源から腎精も不足します。陰血不足による筋脈失養や腎虚を生じ、「不栄則痛」から腰痛を引きおこします。また、肝気鬱結による気滞から気滞血瘀を生じると気血運行が失調し「不通則痛」から腰痛を発症します。


5.房室不節

節度のない性生活により、腎精を虧損すると精血が筋骨を滋養できず腰脊失養となり、「不栄則痛」から腰痛を発症します。


6.労傷腎気

先天的な体質の虚弱に過労が重なったり、或いは慢性疾患や出産、加齢などにより体力が低下し、腎精を消耗すると腰府の濡養や温煦を失い、腰脊失養から「不栄則痛」となり腰痛を発症します。また、気血の損傷も長期化すると腎精の虧損に波及します。偏陽衰の腎陽虚、偏陰衰の腎陰虚がみられますが、長期化すると陽損及陰、陰損及陽から陰陽両虚となることもあります。また、腎虚により水液の代謝が失調し、水湿停留が顕著になると経脈の気血を阻滞させるため、「不通則痛」となり「虚中挟実」の腰痛を発症します。


7.閃挫墜堕

転倒などによる外傷により経脈を損傷したり、重いものを持ち上げたり、不適切な姿勢で腰に負担をかけて、閃挫(ぎっくり腰や腰椎捻挫)を引きおこすと経脈の気血が阻滞し、腰部に瘀血を停滞させ、「不通則痛」となり腰痛を発症します。


8.飲食不節

暴飲暴食、飢飽失常などにより、脾の運化が失調し、生化不足から腎に十分な後天の精を補えず、「不栄則痛」となり腰痛を引きおこします。また、食滞から湿熱を生じ、気血運行を阻滞すると「不通則痛」となり腰痛を発症します。


腰痛の漢方的な発生の仕組み

腰は腎の府であり、足少陰腎経が「脊を貫き腎に属している。」ので、腰痛は腎と密接な関係があります。また、腎と膀胱は表裏をなし、足太陽膀胱経は腰を通過しています。さらに、任脉・督脉・衝脈・帯脈もその間に分布しています。そのため、特に内傷では、腎虚が腰痛の発病の基礎となります。

また、六淫のうち、湿邪には「粘滞」の性質があり、最も腰部に定着しやすいので、外感病による腰痛は湿邪との関係が最も密接になります。ただし、外感でも腎虚が発病の鍵になります。腎虚により風寒湿熱を感受しやすくなり、経脈を痹阻不通にすることが多く、反対に腎が充実していれば外邪を感受したとしても腰痛は現れません。

閃挫腰痛については、瘀血による「不通則痛」が主となり、素体に腎虚が無くても腰痛を発症します。

腰痛の漢方治療のポイント

腰痛の漢方治療では、痛みの状態や悪化条件、好転条件などから、過労や老化などによる『腎虚証』や『気血両虚証』、寒さや暑さ、湿気などによる『実寒証』や『寒湿証』、『湿熱証』、ストレスによる『肝気鬱結証』や『失志気阻証』、胃腸などの不調による『脾失健運証』や『食滞脾胃証』、外傷や慢性疾患のため血の流れの不調による『瘀血証』などのパターンに分類し、治療方針を決定していきます。そして、その治療方針に則って漢方薬が選択されていきます。

腰痛の病変においては、発病の基礎である腎虚が本、外邪の感受や捻挫打撲などが標となります。そのため、臨床では、腰痛を治療するには補腎強腰を主とし、病証に応じて散寒行湿・活血化瘀・舒筋活絡などの治療を兼用し扶正袪邪を行うことが多くなります。或いは、養肝調気、益気補血、補脾助運などを兼用しなければならない場合もあります。このように、各証型の腰痛が単独にみられることは少なく、複数で現れ、虚実挟雑することが多いため、精細な弁証が必要となります。

治療に当たっては邪正の主次・軽重の関係に注意を払い、標本を考慮した治療を行うことが重要になります。

腰痛を漢方薬で改善したい方、慢性の腰痛でお困りの方、様々な治療をしてみたけれど改善しない方、西洋医学の検査では正常なのに腰が痛い方、・・・等々。

ぜひ、一度ご相談下さい。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、当薬局で、最もご相談の多い疾患です。中国よりも日本の方が発生頻度が高いようです。そのためか、中医皮膚科の書籍では「異位性皮膚炎」「遺伝過敏性皮炎」「変位性皮膚炎」等として記載されていますが、あまり詳細ではないようです。中国の古典に於いても「浸淫瘡」「血風瘡」「四弯風」「旋耳瘡」等、アトピー性皮膚炎と思われる記載がありますが、本疾患とは同定困難です。 日本人にアトピー性皮膚炎が多いのは、体質や生活様式によるものだと考えられます。当薬局では、その部分に重点を置き、中医皮膚病学をベ […]

悪阻(つわり)

西洋医学的概念 1.悪阻(つわり)とは  悪阻(つわり)とは、妊娠したことにより発症する悪心・嘔吐などの消化器系の症状を主とする症候です。妊娠5~6週頃から起こり、多くは一過性で妊娠12~16週頃までに消失します。50~80%の妊婦にみられ、初産婦に多くみられます。また、一度消失しても後期に再発することもあり、これを後期悪阻といいます。まれに、悪阻(つわり)が重症化し、食物の摂取が損なわれることで、脱水や飢餓状態になり、栄養障害・体重減少などの症状から入院等の治療が必要になることがあり、妊娠悪阻 […]

ニキビ

ニキビは、皮膚科学では「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」、漢方では「粉刺(ふんし)」と称します。毛嚢と皮脂腺の慢性炎症による皮膚疾患の一つです。 皮脂過多や毛孔の角化などにより皮脂の分泌がスムーズに行われないと炎症を起こし、顔面をはじめ胸部、背部、肩部などに多く発症します。ニキビは毛嚢に一致して生じ、発展過程において面皰、丘疹、膿皰、結節、瘢痕、痘痕などがみられます。そのため、臨床では往々にして数種の段階のニキビが同時に存在します。 ニキビの皮膚科学上の分類 面皰(めんぽう) 毛穴に皮脂が詰 […]

糖尿病

糖尿病は漢方では「消渇」という病証に相当します。 消渇とは、口渇引飲、消穀善飢、小便頻数量多を主要症状とする病証をいい、さらに口甜、尿甜、身体消痩、小便混濁などもみられます。 口渇引飲は「多飲」、消穀善飢は「多食」、小便頻数量多は「多尿」ということから「三多」、或いは「三消」ともいわれ、更に消痩(体重減少)も含め、「三多一少」などと称されることもあります。 【参考】 参考として日本糖尿病学会の糖尿病の診断基準を見てみましょう。 A 次の①~④のいずれかに該当する場合には『糖尿病型』と判定。 ①早 […]